Loading…

スポンサーサイト

Posted by ezomomonga on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道北ドライブ その2 下サロベツ原野へ

Posted by ezomomonga on 27.2006 湿原   8 comments   0 trackback
サロベツ原野は広大で、サロベツ原生花園から兜沼方面までを上サロベツ原野と呼ぶのに対し、幌延ビジターセンターのあるあたりは下サロベツ原野と呼ばれています。

今回私たちが訪れたのは下サロベツ原野

上サロベツ原野のビジターセンターには観光バスも止まり
またレストハウスもあり賑わっていますが
こちら下サロベツは人も少なく、じっくり花や鳥を観賞できるのです。

幌延ビジターセンターから長沼、パンケ沼まで片道3kmの道のりを往復します。


20060626102305.jpg
長沼周辺に咲くカキツバタ


20060626102414.jpg
ヒオウギアヤメ

20060626113125.jpg
コツマトリソウ
            
20060626104909.jpg20060626105222.jpg
コバイケイソウ           ヤナギトラノオ


20060626104719.jpg
キマユツメナガセキレイ
ちょっと珍しいこの鳥は、ここサロベツ原野で繁殖しているのだそう。


20060626105751.jpg20060626105809.jpg
コヨシキリ                 ノビタキ


20060626110430.jpg20060626110445.jpg
オオバタチツボスミレ
側弁の白い毛とはっきりとした紫の筋が特徴です。


20060626111915.jpg20060626111936.jpg
ミツガシワ             オゼコウホネ


花と鳥たちに別れを告げ、帰り道はまだどんより曇り空。
自転車はあきらめましたが、まだまだ望みは捨てません!
さて、利尻富士は・・・・見えません。しょんぼり。

20060626163437.jpg
そんな気持ちを癒してくれるように、海岸線のエゾカンゾウも満開!


20060626163618.jpg20060626163634.jpg
ここではエゾカンゾウ(左)とエゾスカシユリ(右)の両方が楽しめます


20060626164320.jpg
ハマナスの咲き乱れる海岸に車を乗り入れ、しばしの休憩。
いつもなら夕日の沈む時間帯には、あちこちで車が乗り入れられるところです。

20060626180141.jpg
数年前に撮影した夕日に染まる利尻富士

次回は晴天の日にいくぞ~!
天気予報、今度は頼みます
スポンサーサイト

母さんリス巣に帰る

Posted by ezomomonga on 26.2006 エゾリス   10 comments   0 trackback
この間見た穴は本当にお母さんの巣なのでしょうか。
確信がもてないので、やっぱり公園に足が向いてしまうのでした。

なかなかお母さんは現れないのでバードウォッチング。

20060626160025.jpg
水辺があるので、もちろんいますアオサギ


20060626165816.jpg
この歌声は一度聞いたら忘れられません キビタキ 


20060626165413.jpg
ここではよく見かけますニュウナイスズメ


20060626160246.jpg
20060626160300.jpg
目の周りが白くて可愛いコサメビタキ


20060626160628.jpg
今年初のクワガタ・・・・ちぃっちゃーい!


そろそろ帰ろうと思ったら何かが向こうから飛び跳ねてくるのです。
それは・・・・お母さん!
なぜだか、すれ違うことなく会ってしまう私達。
運命を感じます(笑)

巣のある木へ直行したお母さんは
はたしてあの穴に入るのでしょうか?
何が何でも見届けなくては!

20060626153159.jpg


20060626153212.jpg


20060626153910.jpg


20060626153238.jpg


しかと確認させていただきました

道北ドライブ その1

Posted by ezomomonga on 26.2006 道北   6 comments   0 trackback
毎年今頃必ず行く道北。お目当ては
①苫前の風力発電風車がたくさん見られる「上平グリーンヒルウィンドファーム」
②幌延町の「一列に並んだ28基の風力発電」を見ながらの海岸線サイクリング
③サロベツ原野ハイキングでお花と鳥を堪能

25日(日)の天気予報を1週間前からチェックし
ずっと「晴れ」の予報だったので、いよいよ決行!

しかし朝4時、我が家を出発した時点では・・・・小雨。
でも日本海側に出れば、きっと雲もなくなり晴れ間が見えるに違いない!
と期待を膨らます。

海に出ると・・・晴れていない・・・相変わらずの小雨・・・
ガァァァーン!
ここで①と②は削除されてしまうんです。
すかさず携帯で最新の天気予報をチェック!
「晴れ」・・・・うそつきーっ・・・
まだ髪の毛もしっとり濡れてしまうくらいヒドイんですけど・・・

晴れているとこんなに素晴らしい風景が見られます。
ちょうど1年前6月25日の様子です。

20060626091741.jpg
上平グリーンヒルウィンドファーム
刈り取られたばかりの牧草ロールが当たり一面転がっています。


20060626091755.jpg
全部で39基もある風車。これはほんの一部。
海を望むこの風景は、癒されること間違いなしです。


20060626091809.jpg
幌延町の風力発電群。
ここを自転車で走ると、片側は風車群、片側はエゾカンゾウの咲き乱れる海岸線。
ゆっくり楽しみたいので「自転車」なのです。
足元に目をやるとハマヒルガオとハマナスも。

今回積んでいった自転車は、降ろすこともないまま小雨の影響でドロドロに・・・ううっ。

悲しい気持ちのまま遠別町「金浦原生花園」へ。
ここも国道沿いの海岸を、黄色のエゾカンゾウが埋め尽くす名所。

20060626093447.jpg
かなり終盤のエゾカンゾウ
小雨でしおれてしまった花も多いようです。


20060626093457.jpg


20060626093506.jpg
そんな中で草を必死に集めるノビタキ(♀)
花同様ちょっと乱れ気味。


20060626093520.jpg
こちらはおすまし姿のノビタキ

こんな可愛い姿を見て、ちょっぴり元気が出てきました。
小雨なんかに負けるものか!・・・まだまだ続きます。

もしかして母さんリスの仕業?

Posted by ezomomonga on 24.2006 エゾリス   14 comments   0 trackback
20060624204612.jpg
今朝、公園に行くと こんな食べ残しがいくつも落ちているんです。
カラスや鳥たちだったら、実だけがおちているハズ。
こんな食べ方するのは・・・・見覚えがあります。
ハルニレの種をたべていた時のお母さん!
確かに葉っぱをもぎ取り、食べたあとはこんな風に下に散乱してました。
でも姿は見えないのです。
犯人は誰なのでしょう・・・・・。
夕方もう一度来てみることにします。


20060624205138.jpg
山の方から橋を渡って見覚えのある姿が・・・
お母さん!


20060624205536.jpg
一気に公園を駆け抜け、お目当ての木へ向かいます


20060624205838.jpg
やっぱり赤い実をつけた木に登り食べ始めました。
そして口の周りは真っ赤。口紅をつけたようになっています。


20060624210211.jpg
次はこの木の皮を こっちから攻め・・・・


20060624210228.jpg
こっちからも攻め・・・・


20060624210244.jpg
やっと剥がれたのでムシャムシャ


20060624213121.jpg
見失っても大丈夫!
クルミをかじるその音は、どこにいてもわかります。



20060624210558.jpg
先回りした私と鉢合わせ


20060624210612.jpg
おひさしぶりね


>20060626154137.jpg
そしてお母さんの帰った先は・・・・
公園の木にある穴・・・えええっ!そこ巣なんですか?

私のバイブル

Posted by ezomomonga on 21.2006 未分類   6 comments   0 trackback
花や鳥の名前を調べるのに
みなさんお気に入りの図鑑などあると思います。
最近はインターネットで調べることもできますが
我が家はもっぱら昔から持っている図鑑です。


20060621143300.jpg
ほとんどが結婚前から主人が持っていたものです。
その影響で今日の「花好きの私」がいるわけです。


20060621143431.jpg
中でもこの本が私のお気に入り。
色別で調べられるので重宝しています。
これは結婚前の若かりし頃、主人がプレゼントしてくれた本。


20060621143611.jpg
最終ページには日付と名前が。
最近気づいたのですが、ちょうど20年前なんです!

庭の花々はいろいろと品種改良が加えられて
どんどんいろいろな種類が増えてくるのでしょうが
「山野草」は昔も今も変わらずです。
ほとんどこれらの古~い本たちで済んでしまうんですよね。

花や鳥を見つけて、帰ってきてから二人で
あーでもない、こーでもないと本で調べているときが
とても心安らぐひとときなのでした。

湿原へ

Posted by ezomomonga on 20.2006 湿原   10 comments   0 trackback
18日(日)2週間ぶりの近郊の湿原へ。


20060619084659.jpg
ワタスゲの実(ワタ)も、そろそろ種を飛ばす季節


20060619084855.jpg
ハルリンドウはまだまだ蕾がたくさんあります。
こんなピンクのハルリンドウを見つけました。


20060619085006.jpg
大好きなイソツツジはまだ一つしか咲いていません。
これからですね。


20060619085100.jpg
こんなに育ったモウセンゴケ。
花が咲くのが楽しみです。


20060619090550.jpg
可憐なツルコケモモ


20060619090643.jpg
コツマトリソウは自慢の雌しべが雨でシットリ濡れちゃいました


20060619090824.jpg
ネバリノギランも開花


20060619090921.jpg
ゼンテイカ


20060620080618.jpg20060620080631.jpg
ノビタキ


20060620080828.jpg20060620080815.jpg
オオジュリン

湿原の中は鳥たちの地鳴き「チッチッチッ、ジャッジャッ」で大賑わいでした

こんなところにですか!

Posted by ezomomonga on 19.2006 自転車   8 comments   0 trackback
昨日自転車でサイクリングに向かう途中の出来事です。
サイクリングロードに入る前の車通りの多い道でのこと
なんだか鳥の鳴き声がします。
それも街路樹のあたりから。

近づいてみるとどんどん泣き声が大きくなってくるのですが
姿は見えません。
「たぶん巣があるに違いない・・・」と、葉っぱの中を
覗き込んで探してみますが それらしきものがありません。


20060619080026.jpg
え?こんなところに穴が・・・????

そうです、たぶんそうです。
中で鳴いているのです。

そして段々と泣き声が大きくなってきます。


20060619080258.jpg
出ましたー!アカゲラの子どもです。
こんなところにも巣を作っちゃうんですね。


20060619080641.jpg
まぁ、なんと鳴き声の大きいこと!
でも車の音でかき消されてしまいます。

引っ込んでも大きな声で鳴き・・・顔を出しては鳴き・・・
繰り返しています。


20060619105623.jpg
お腹すいたな・・・・


20060619080842.jpg
やっとお母さんが道路を隔てた電線までやってきました。(頭が赤いのでお父さん?)


20060619081120.jpg
こんなところで子育て中なのです

森に帰って行ったのね・・・・

Posted by ezomomonga on 19.2006 エゾリス   4 comments   0 trackback
いつもの巣では何の反応もなし。
お母さんは食事をしているけれど、子供たちは出てこないんです。
そのうちお父さんが来て、一緒に森の奥へと姿を消しました。

たぶん17日(土)の朝に(私たちが帰った後でしょう)引っ越した模様。
更に森の奥なので、当然追跡は困難です。

振り返ってみると、最初に子どもを生んだのが公園の入り口。
3回の引越しでどんどん森に近づいていきました。
子どもを森に放すための考えられたルートなんでしょうか。

可愛く走り回る子どもたちの姿はあまり見られませんでしたが
無事に元気に巣立つことを祈っています。

お母さんは相変わらず元の巣の辺りでも、お食事風景が見られますので
たまに行って見てみようと思っています。
秋になってオニグルミが実る季節になると、また公園に出てきてくれるかしら?
と期待しながら早起きは一旦お休みです。
今日はぐっすり6時半まで寝ました。
でも4時ごろ目が覚めてしまうんですよね・・・

寝坊したー!

Posted by ezomomonga on 17.2006 エゾリス   2 comments   0 trackback
目覚ましが止まっている・・・朝4時・・・寝坊したぁぁ!
今朝は雨が降っているので、ゆっくり寝るつもりでいたら
雨が上がってるじゃないですか!
大慌てで巣に向かいます。

すでに巣の周りはシーン。
突然、背後から「ガサッガサッ」・・・熊出現?
いいえ、お母さんでした。
豪快に頭上の枝を飛び跳ねて行きます。

行き先は巣がある木の上部。
すると・・・


20060617205405.jpg
上の茂みから子どもたちがワサワサ出てきました。
もう巣から出ていたんですね、やっぱり。


20060617205516.jpg
それまでは全く気配を消していた子どもたち。
お母さんが来た時だけ、活動開始なんです。


20060617205718.jpg
みんな樹上で動き回っているのに
今日も1匹だけが降りてきてモゾモゾやってます。


20060617205830.jpg
早くお母さんのところへ戻らなくっちゃ。
慌てて上を目指します。

その後、お母さんはまた何処かへ行ってしまい
子どもたちも茂みに入ってシーン・・・気配がありません。

お母さんが来たときだけ活動中の子どもたちでした。

雨なので・・・未公開写真

Posted by ezomomonga on 16.2006 エゾリス   10 comments   0 trackback
昨夜より雨が降り続いています。
明日も雨の予報なので、しばらくリス観察ができません。

今日は写真の整理をしたので
6月の未公開写真を少々・・・・

表情豊かな「お母さん」をお楽しみください。


20060616155355.jpg
思わず「おっ」と口が開いてしまった驚き顔のお母さん


20060616155722.jpg
その直後、眠気が襲います


20060616160008.jpg
実はバランス感覚もスバラシイ!
いつもお尻をついてドスンと座って食べているのが嘘のようです。


20060616160241.jpg
ようやく割れたクルミにかぶりつく!
やはりお食事ショットが多いですね、お母さん。


20060616160708.jpg
さすが立派なをお持ちです。
私はその片手がいつも気になります。


20060616160408.jpg
最後は、あわや落下のお子ちゃま。
こちらもヒヤヒヤものです。

明日は会えるかなぁ・・・・

成長はや~い

Posted by ezomomonga on 15.2006 エゾリス   10 comments   0 trackback
20060615153751.jpg
昨夕6時過ぎ、巨乳のお母さん現れます


20060615153814.jpg
時には忍者戦法を使い・・・
辺りをうかがうのです。


20060615153826.jpg
産後ですから筋トレも欠かさないようです。
その体勢はちょっと辛そうですね・・・

お母さんが巣に来る前に1匹の子リスが巣から脱走し
木の上に登っていきました。


20060615153838.jpg
綺麗な夕日を身体いっぱいに浴びているお母さんでしたが・・・


20060615153854.jpg
すぐにその子の元へかけより、巣まで誘導します。

その後巣に入っていったお母さん。
数分後出てきたときには、うしろにゾロゾロ引き連れていました。
あっという間に、この巣のある大きな木の上へ駆け上がって行きます。

葉っぱに隠れて子供たちは全く見えません。
お母さんは更に高いところで見守っています。

外での訓練、着実に進んでいるようですね。


20060615115612.jpg
でも中には、あっという間に戻ってくる子もいるんです。
自ら巣の中へ・・・。
各自勝手に巣に戻るようですよ。
朝は連れ戻されていたのに、もう放任です。

しばらくすると、お母さんは離れた木へとお食事へ。
最終的に7時半まで食べまわっていたお母さんなのでした。

その後、お母さんを見失いましたが、子どもたちのいる巣には
戻っていない様子・・・・。
「もしかして別の巣?疑惑」

今朝も3時40分、別の場所から現れたお母さん。
「もしかして別の巣?疑惑」は濃厚になってきました。

子どもたちを誘導して、あっという間に見えなくなります。
ちょっと早起きしすぎよ、あなたたち!


20060615120832.jpg
でも昨晩同様、あまり高いところには行かず
そのへんで遊んでいて、あっという間に巣に戻っちゃう子・・・いるんです。
シャッタースピード1/8で撮れた奇跡の1枚

みんなよりちょっと小さめ。
頑張れ~


20060615121324.jpg
そして、これぞ初夏の早起きの特権!

堂々と写っていますが、このセミは木登りに失敗し
葉っぱの上でひっくり返っていたところを、我々に救助されたのでした。

子リス活動開始!

Posted by ezomomonga on 14.2006 エゾリス   8 comments   0 trackback
昨日の夕方、お母さんは発見できましたが
子供たちは巣の中にいるようで見ることはできません。(行ったのが6時頃だったので)


20060614080903.jpg
お母さんはこちらをジーっと見ていましたが、
しばらくすると巣ではなく違う方向へ。
7時過ぎまで粘りましたが帰って来ませんでした。
違うところで寝ているのかしら・・・・

今朝は4時頃到着。
巣の周りはシーンと静まり返っています。
5時前にお母さんが、やっぱり別の場所からやってきます。
巣の中を見て素通り。
そしてちょっと離れたところに行くとお母さんのチュチュチュという鳴き声が。
行ってみると・・・・


20060614081316.jpg
木の上では子リスたちで大混乱。
お母さんは巣まで誘導しようとしていますが
誰も言うこと聞きません。
もうぶら下がったり、転げまわったり・・・楽しいのでしょうね。


20060614081753.jpg
先頭にお母さん、後ろに3匹、奥に1匹います。
ここまでは素直について来ている子たちです。


20060614082111.jpg
隙あらばすぐおっぱいに飛びつきます

この後、あまりに言うことを聞かない子たちは
お母さんに咥えられ強制送還されます。
あとは自力で巣まで戻ろうと必死!

そして強制送還された子たちは、お母さんがいなくなると
またゾロゾロでてきちゃうのです。
もう好奇心の塊ですね♪

このあと驚く事件が!


20060614082700.jpg
この子が私の目の前へ(近すぎてピント合いません!)
そして足元へ・・・・
そしてわたしの足にしがみついて・・・・
登ってきちゃいました~♪

チュチュッって鳴きながら頭のてっぺんへ(私は木になってます・・・)



20060614083424.jpg
あまりの急な出来事に驚いて手ブレし放題の主人の画像です。
私の防虫ネット付き帽子(!)にしがみついているんですよー。
好奇心は旺盛でも警戒心はあまりないようです。
お母さんが近くにいるからかなぁ~。

子リスの可愛い行動に口元緩みっぱなし・・・
(本人は見えていませんけど、可愛い声は耳元で聞けちゃいました)

このあと全員巣に戻され、何事もなかったかのようにシーン。
お母さんはまたどこかへ出かけて行きました。

明日は3時起きですかー!

カメラマン泣かせのお母さん

Posted by ezomomonga on 13.2006 エゾリス   4 comments   0 trackback
昨日夕方、エゾリスの新しい巣を観察に出かけました。
公園の奥の「森」に巣を構えた一家はどうしているのでしょう。

そろそろ食事に出かけるか、おかあさんが巣の上でまどろむ時間帯でもあります。
でも更に奥の森に食事に行ってしまったら、もう追跡することは不可能です。


20060613112237.jpg
そんな心配をよそに、公園に出てきたお母さんと鉢合わせです。どこへお出かけ?

そういえば先週私たちがエゾフクロウを見てから
またまた多くのカメラマンが大きなレンズを取り付けて
撮影にくるようになりました。
でもなかなかフクロウは現れてくれないようです。

エゾリスの引越しのときも、休日ということもあり多くのカメラマンが
三脚を立ててシャッターチャンスを狙っていました。
私たちは引越しの方が大事だったのでつきっきりでしたが
暇をもてあましたカメラマンがこちらへ来たのです。

すると私たちが撮影しているのがエゾリスだとわかり
「なーんだエゾリスか・・・・」(と、顔が物語っていました!)
その時は子どもをくわえていたのに、気づかず立ち去りました。
私たちもホッ胸をなでおろします。

そんな感じでエゾフクロウがとまる木の前は大盛況なんです。


20060613115120.jpg
一方、お母さんは木を登り華麗に枝を飛び移ります

そしてマイペースなお母さんは、カメラマンがいる方向へ走ります。
更にその木にも登っちゃいます。
最終的には・・・・


20060613113514.jpg
中に入っちゃったお母さん!
一同「あ然」

今度は中に入ったまま出てきません。
フクロウ狙いの人も、私たちも気が気ではありません。
3分後・・・・・


20060613112749.jpg
鼻に何かをつけたまま出てきた得意満面のお母さん。

私たちは「ホッ」と胸をなでおろします。

もう一方のカメラマンは「ここにフクロウいるわけないわ・・・」と落胆の表情で帰っていきます。

お母さんは、カメラマン泣かせ(フクロウ狙いのカメラマン限定)なのです。
もちろん、私たちはすっかり楽しませてもらっていますよ。
ハラハラドキドキしながらね。

道民の森

Posted by ezomomonga on 13.2006 自転車   0 comments   0 trackback
昨日12日、主人が代休だったので
めったにない平日のお休みをどう過ごそうか検討。
たまには自転車に乗ろうか・・・ということで
適度にアップダウンもある「道民の森」へ。

ここは昨年「ブヨ」に襲われ散々な目にあった場所。
今回は完全装備で戦いに挑みました。

ただ自転車に乗っているだけならば、まず刺されることはありません。
私たちは花を見つけては立ち止まり、写真を撮っている間にやられるわけです。

少しの肌の露出も禁止!です。
すごく暑そうに思われるかもしれませんが、ここは山の中。
かなり気温も低く、まだまだ雪も残っているのです。
カタクリ、エゾエンゴサク、ヤチブキ、ニリンソウもまだまだ見られますよ。


20060613083505.jpg20060613083514.jpg
ツクバネソウ                 クルマバツクバネソウ


20060613083702.jpg20060613083755.jpg
キバナイカリソウ           オドリコソウ               


20060613084938.jpg
ラン科のお花はやはり綺麗です(ハクサンチドリ)


20060613085120.jpg20060613085204.jpg
ハクサンチドリ            ノビネチドリ


20060613083945.jpg20060613084523.jpg
サンカヨウ            ミヤマスミレ



今回みつけた不思議な花たち

20060613085616.jpg
これは普通に咲くシラネアオイです。
ピンクの4枚の花びらに見えるのは、実はガク。
普通は4枚です。


20060613085951.jpg20060613090006.jpg
こちらのシラネアオイ、よーく見るとガク片は6枚。
しかも右写真でわかるように半分は葉の色、半分からピンクなものが2枚ついているんです。


20060613090503.jpg20060613090440.jpg
そしてまたまた出逢っちゃいました花弁が4枚のオオバナノエンレイソウ。
前回は気がつきませんでしたがガク片だけでなく葉も4枚。
やっぱりこの不思議バランスになじめません。

まだまだたくさんの出逢いがあった今回のサイクリング。
13%の急勾配も登りきり、五感全部が満足してリフレッシュできました。
虫刺されもありませ~ん♪

20060613164709.jpg
走行距離20km

ピンボケ写真(エゾリス引越し編)

Posted by ezomomonga on 12.2006 エゾリス   11 comments   0 trackback
写真の腕がなかなか上がらない私はピンボケ写真が数多くあります。
ほとんど抹消してしまいますが、なかには消せないものもあるのです。
それでは目をかすめて目薬持参でご覧ください。


20060612080441.jpg
まずは私の一番好きな行動「こねこね」です。

引越しの時には必ず子どもの首を中に入れ
尻尾はお母さんの首に巻きつけ、コネコネして形を整えます。
大きくなった今回は、この「こねこね行動」もかなり念入り。

激しくジャンプした後は特に子どもも乱れているので
立ち止まっては「こねこね」します。しかも早い!
まるでおおきなクルミを転がしているような感じなのです。
実際に見るとあまりにも微笑ましくて目尻が下がります。


20060612081032.jpg
お次は「スズメアタック」

とにかくよく小鳥たちにアタックされるお母さん。
餌を食べるため木の枝を飛び跳ねているときによく見る光景ですが
引越しの時には防御の術がありません。
おもいっきり体当たりされていました。
こうやってスズメと対比してみるとエゾリスは決して大きくありません。


20060612082143.jpg
巣から子どもを運び出す前にこねこね。

じつは隙間から子どもが外をみています。クリックで大きくなります
引越しの時には、子どもの頭をしっかりと中に入れているので
顔を見たことがありませんでした。
隙間からソっとのぞく子リスなのです。


余談
引越しの最後にもう一度巣に戻るお母さん。
3回の引越し全てで見られた光景です。
確認のために来ているのか・・・それともわかってないのか・・・

というのも巣に戻り子どもを運び出す前には、巣の前で必ず鳴くお母さん。
その声で子どもは巣の中でゴソゴソ動き始めます。
もう巣の中にはいないのに、木の上で鳴いていました。

新しい巣のほうでは主人が張り込んでいましたが
そちらでも巣に子どもを入れた後、主人に威嚇しているのか
子どもに「ちゃんとお留守番してるんですよ!」と言ってるのか必ず鳴きます。

野幌森林公園

Posted by ezomomonga on 12.2006 道央   0 comments   0 trackback
昨日6月11日(日) 初めて野幌森林公園へハイキングへ行ってきました。
ただ「早朝リス観察」で疲れが残っているので
あまり長くゆっくり見ることはできませんでした。

天候はいいのですがかなりの強風!
森林の中を歩いているとゴォーという音で風が通り抜けます。
たまには見知らぬ森をゆっくり歩き、美味しい空気を吸うのもいいですね。
(最近は一箇所集中の森林浴なので・・・・)

20060612072311.jpg20060612072258.jpg
コウライテンナンショウ

実は私、いつも「雨合羽(あまがっぱ)」って勝手に呼んでいたんです。
主人は本当の花の名前ではないものの、別名「雨合羽」なんだと思っていたらしいです。
さきほど「私の勝手につけた名前」だと知りあきれておりました。フフ。


20060612072734.jpg20060612072745.jpg
ユキザサ                ヤブニンジン


20060612073158.jpg
ヤマシャクヤク


20060612073649.jpg20060612073701.jpg
ホウチャクソウ                   ズダヤクシュ


20060612073925.jpg20060612074155.jpg
コケイラン


20060612074538.jpg
ヒメヘビイチゴ

たまには違う花を見ると、新鮮な気持ちになりますね。
ただ疲れを取るために行った「トド山口」は、登りあり下りありの
体力消耗コースでありました。うぅっ。

ひさしぶりのお母さんは大忙し!

Posted by ezomomonga on 11.2006 エゾリス   17 comments   0 trackback
最近お母さんの姿が見えないし、なんだかイヤ~な予感がしていたこの頃。
今日はまだ薄暗い3時起床で公園へ。
でもお父さんの姿もなければ、子どもの気配もなし。
あっという間に5時ちょっと前になっちゃいました。

すると巣ではないところからリスの気配。
よーく見るとお父さんが全然違う方向からやってきました。
続いて お母さん
無事だったのね~。安心しました。

でもずっと巣のそばにいたのですから お母さん達はどこから来たの?


20060611085543.jpg
ひさしぶりのお母さんショット


20060611085704.jpg
子どもたちに おっぱいをあげたようですね


するとお母さんが鳴き始めた途端、巣の中が騒がしくなりました。
子どもたちが中でゴソゴソ動き出したのです!


20060611085945.jpg
でましたぁぁぁ!引越しです!!

これで3度目の引越しです。
どうも最近お母さんの姿が見えなかったり、お父さんが巣で見張りをしたり
様子が変でしたよね?
それに前回の引越しが5月30日、もう10日以上経っているのでそろそろかなぁ
・・・・と覚悟はしてました。

それではいつも通り、そっと後をつけてみましょう。


20060611090620.jpg
子どもたちが大きく成長しているので重そうです。
草刈が終わったばかりで外敵にも見つかりやすい今回の引越し。
途中で小鳥アタックを何度も受けます。
頑張れ~お母さん!


20060611095142.jpg20060611095205.jpg
20060611095224.jpg20060611095237.jpg
爆走モード突入です


ところが行ったきりお母さんはなかなか戻って来ません。
新しい巣に様子を見に行くと・・・・・お食事中でした。
子どもが重い分、お腹も減るのでしょう。


20060611091904.jpg
ようやく戻ったお母さん。今度はクルミを見つけて脇目も振らず食べるのです。
それでこそ、お母さん!
ひさしぶりのお母さんの食べっぷりに いたく感動した私たちでしたが
ここから長い長い引越しが続くとは夢にも思っていなかったのです。


2匹目、3匹目・・・・順調に引越しは続きます。
でも途中でお食事タイムをとるマイペースなお母さんは、なかなか進みません。


20060611092538.jpg
もうこんなに大きくなりました。
しっぽもフサフサになってきたでしょう?
でもまだヨチヨチなんですよ。

お母さんが巣に戻ると「次はアタシよ」「次はボクだよ」と
ゾロゾロお母さんにまとわりつきます。
そして連れて行く子どもをコネコネし始めると、諦めて巣の中に戻って行くのです。
その後は、またお母さんが来るまで動かずにジーッとしていました。
なかなか聞き分けのいい子たちです♪



                       クリックで大きくなります
20060611095501.jpg20060611095515.jpg
20060611095531.jpg20060611095547.jpg
あと少し お母さん!


20060611093708.jpg
途中で休みながらも全部の子どもたちを無事に運びました。
ちゃんと7匹いましたよ。
あの巣の中で全員無事にスクスク育っていたのですね。
最後まで見届けて、引越しに費やした時間は2時間半。
私たちの滞在時間は4時間半となりました。
結構長かったです。そして眠いです。お腹もペコペコです。

まずはちょっとお昼寝して体力の回復とまいりましょう。

お母さんは何処へ・・・・

Posted by ezomomonga on 10.2006 エゾリス   0 comments   0 trackback
最後にお母さんの姿を見たのが8日(一昨日)の早朝。
いつもより奥の森でお父さんとのツーショットでした。

そしていつも夕方は、決まった場所で食事中か
巣の上でまどろんでいるのですが、一昨日、昨日といないんです。
いったいどうしたのでしょうか・・・・



20060610203647.jpg
今朝はまたまたお父さんが巣の上で見張り中。

しばらくするとお父さんは急に行動を起こします。
巣の真上に行き尻尾をしきりに振っています。
するとどうでしょう。
何かが動いています。


20060610203925.jpg
出ました!赤ちゃんリス!
足どりはヨチヨチ。ちょっとしか進みません。
しかも方向転換するのもやっとで、すぐに巣の中へ。


20060610204127.jpg
こちらはチラっと見えた別の赤ちゃん。
暗くてはっきり見えませんでしたが、ようやく毛がはえてきたような感じです。
耳なんて子犬のように垂れてますから・・・・

今朝確認できたのは、この2匹。
ほんの1分ほどでしたが十分満足。
子供たちは無事に成長していることがわかりました。

夕方巣の周りはとても静か。

全然リスの気配はしません。
お母さんもお父さんも発見できず。
巣の中にいることを願っています。

一瞬、赤ちゃんリスがヨチヨチ登ってきたのは確認できましたよ。
でも木のコブを超えることができず必死にUターン。
またヨチヨチ巣に入って行ったのでした。
たぶん1mぐらいしか登っていませんよ。

赤ちゃんを見ることができて感動の1日でしたが
お母さんに会えなくて、ちょっぴり寂しい私たちなのでした。

まだいたのね

Posted by ezomomonga on 10.2006 エゾフクロウ   2 comments   0 trackback
いつもは早朝と夕方30分ぐらいしか観察していませんが
めずらしく昨日は午前10時過ぎに自転車でぷらりと行ってみました。

公園では2日前からやっている草刈作業が最終段階。
ちょうどエゾフクロウが朝とまっていた辺りを入念に作業中です。
あのまま樹洞に入って寝ているとすると、そりゃ寝てはいられないでしょうね。
轟音の響く中エゾリスの巣を見てみるも変化なし。
やっぱり昼間はあまり動きがないですね。

その頃、以前お会いしたことのある写真愛好家の方と遭遇。
まだこの公園ではエゾフクロウを見たことがないというので
朝見た場所の話をし、草刈作業が終わったら様子を見に行くことにしました。

お昼前にようやく作業も終了。
早速見に行きます。


20060610103019.jpg
いるじゃありませんか。
これは180度後ろを向いてさらに下を覗き込んでいます。

ということはずっとここで寝ていたんですね。
そしてあまりの轟音で眠れず、急に静かになったので様子を見に出てきたと思われます。



20060610103508.jpg
おかげでこんなに眠そう。
朝のクリっとした目は何処へ・・・・

この場所にいると二頭身でだるまに見えてしまうのは私だけでしょうか。
しかもとっても小さく見えますよね。



20060610103929.jpg
でも横から見ると ちゃんとこんな立派な羽があるんですから。

「だるまじゃないのよ、私。あなたアングルが下手ね」
はい、ごめんなさい。
でも私はだるまさんのあなたが好きなんです。



20060610104357.jpg
珍しく真上を見上げます。
こうしていると絶対フクロウには見えません・・・・


そういえばこの場所に前日エゾリスが入っていたそうです。
う・う・うそでしょー!
それでは5月30日のエゾリスショットを。

20060610105035.jpg
はい、同じ場所なんです。
いや~な予感がしますよね。
まさか新居になんて考えていないでしょうねー。
大きくて住み心地はよさそうだけど、お母さんそこはダメですよ!


20060610105507.jpg20060610105452.jpg
大きさの対比をしてみると、こんな感じでしょうか。
お母さん!圧倒的に不利なんですからねー!!

また私、寝不足になりそうだわ・・・・

エゾフクロウの受難

Posted by ezomomonga on 09.2006 エゾフクロウ   12 comments   0 trackback
最近エゾフクロウの姿をなかなか見ることができませんでした。
今日は運良くいつものところに姿を見せてくれましたが・・・

この間、いつも釣りに来ているおじさんから良からぬ話を聞きました。
樹洞に石を投げ込んでいる人を見たと言うのです。
たぶん写真を撮りに来ていた人だと思われます。

最近「エゾフクロウを見た」と噂が流れると
すぐに多くのカメラマンがそこに集まります。
ほとんどの人はきちんとマナーを守って静かに見守りますが
中には「遠くからわざわざ来たのでどうしても見たい」と
こんな行動をとる人がいるのも事実なんです。

私たちが勝手に野生動物を撮影しているのですから
最低限のルールは守らなくてはいけませんよね。
彼らの生活を脅かすことだけはしてはなりません。

その話を聞いてから、もうエゾフクロウをこの場所で見ることは
できないと覚悟していたので 今日はとても安心しました。
きっと石を投げ込まれた時には、そこに居なかったのだと思われます。
でも、もしこの中にヒナがいたら どうなっていたことか・・・・・

20060609080625.jpg

おひさしぶり・・・・・

Posted by ezomomonga on 09.2006 エゾフクロウ   4 comments   0 trackback
雨上がりの朝、エゾリスがそろそろ引越しをしそうなので
いつもよりちょっと早起きして公園に向かいます。

昨日「草刈り」をしたようなので芝生はとても綺麗になりましたが
親子はあまりの騒音に驚いたでしょうね。
今日は引越さないかも・・・・

それでも私たちは自然と急ぎ足になります。


20060609071455.jpg
えええっ!また不意打ちなのですね

木が濡れていて天気も曇りとなると
本当に同化しちゃってますね。


20060609071655.jpg
油断した時に必ず現れるのですね


20060609071947.jpg
相変わらずの堂々としたお姿!


20060609072219.jpg
それでも眠気には勝てませんよね


20060609072539.jpg
こんな不自然な格好もあなたらしくて好きですよ。
今日は曇っているので自慢のクリっとした目をやっと見せてくれましたね。
この間はほとんど目が開いていませんでしたからね。


20060609073408.jpg
そして4時半には樹洞に入ってしまいました。
名残惜しい尾っぽのショット。


ところでエゾリスは?


20060609074158.jpg
今日もお父さんが巣の上でお留守番。
お母さんだけがいないので、いよいよ怪しくなってきたのです。
新居の準備をしているのか・・・・
それとも いつものように食欲に負けているのか・・・・

ひさしぶりのお父さん

Posted by ezomomonga on 07.2006 エゾリス   12 comments   0 trackback
エゾリスのお父さんは とにかく警戒心が強いのです。
まわりに私たちの気配がすると、一目散に木の上へ走っていきます。

今朝4時過ぎ すでにお母さんの大好きな木で夫婦でお食事中。
めずらしい光景なので2匹を一緒に撮りたかったのですが
お父さんは警戒警報発令中!


20060607101918.jpg

お母さんは普段どうり。どっしり構えてお食事です。


20060607073711.jpg
こちらお母さんのシルエット


20060607073725.jpg
こちらお父さん。
まだ冬毛が抜けきれてないので耳がフサフサです。


ここでお母さんはいなくなってしまいました。
きっと巣に戻ったのでしょう。
お父さんを追ってみます。


20060607070658.jpg
なかなか近くに来ないお父さん、撮るのが一苦労。
冬毛の部分が白っぽくてまだらです。


20060607070720.jpg
身体の大きさも お母さんよりちょっと小さめ。
いつもお母さんショットばかりなので かなり新鮮です!

20060607070734.jpg
とにかく警戒して鳴きまくりなんです。


20060607071204.jpg
ようやく私たちの目を盗み(盗んでいませんが)巣に到着。
安心して上の方(お母さんがいつもいる所よりずっと上です)で見張ります。


まだ引越しはなさそうなので 安心して私たちも帰途につきました。

20060607071453.jpg
帰り道お母さんを見つけました。

寄り道してまだ食べていたんですね。

エゾリスの追跡

Posted by ezomomonga on 05.2006 エゾリス   9 comments   0 trackback
昨日の夕方 エゾリス母さんを最後まで追跡することを決意!
イス、飲み物、おにぎりも持参して長期戦の構えなのです。

                          クリックで大きくなります20060605112021.jpg20060605112033.jpg
20060605112054.jpg20060605112106.jpg
一通りグルーミングを済ませたお母さんは・・・


20060605112501.jpg
午後4時に巣がある木を出発!



20060605112619.jpg
今日はとても暑いので喉を潤し・・・・


20060605112717.jpg
たまにはリスらしいポーズも披露


20060605112915.jpg
大事に埋めてあるクルミを掘り起こし・・・


20060605112930.jpg
大事に大事に食べるのです。


20060605113307.jpg
次はお気に入りの木へ一目散に駆け出し・・・


20060605113242.jpg
大好きな食べ物をゲットです。


20060605113321.jpg
横着者のお母さんはどんな無理な体勢でも食べ物をゲットします。
足は一歩たりとも動かしません!
この木には1時間以上いたでしょうか・・・・
私もイスに座って一緒にお食事です。


20060605113944.jpg
もう薄暗くなってきた頃、ようやく次の行動へ。
今度はくるみを食べにまわります。
掘り起こしては木の上で食べるのを5、6回繰り返し ようやく帰途へ。


20060605114409.jpg
と思ったら寄り道多すぎです、お母さん。
もう6時を回ったんですけど・・・・・

小鳥に追われても食べる手を休めないお母さんのご帰宅は6時半。
そのころ巣の中ではゴソゴソゴソゴソ音がしていました。
相当動き回っている子供たち。
やっぱり育ち盛りの子供がたくさんいるから お腹も空くのよね。

ただこんなに付き合うのは今日だけよ

砂川こどもの国

Posted by ezomomonga on 05.2006 道央   4 comments   0 trackback
砂川ハイウェイオアシスの裏手にある「こどもの国」。
休日ともなると家族連れでにぎわいます。
バーベキューコーナーや広々とした緑あふれる公園、
おおきな滑り台など子供の天国です。



kodomonokuni01r.jpg
6月4日 私たちはエゾモモンガも生息するといわれる奥の森へ散策です。
春の花たちも一段落し緑がとても濃くなってきたようです。


20060605104744.jpg
ミヤマカラスアゲハ(♀)は道案内をしてくれるように
森の先へ先へと飛び交います。


20060605104930.jpg
セミは真夏を思わせるような鳴き声!
地面には抜け殻が落ちています。
木の根元には、ここから出てきたと思われる穴が多数。


20060605105814.jpg20060605105832.jpg
チゴユリ                      マイズルソウ



20060605105338.jpg20060605105357.jpg
ギンラン              ミツバツチグリ 
  

20060605105429.jpg20060605105416.jpg
ツクバネソウ                    オオヤマフスマ

段々と夏の花に変わりつつある森の中。
虫との闘いでもあり完全武装の私は汗びっしょり。
それでもやめられない花の観察なのでした。

エゾリス母さんのお気に入り

Posted by ezomomonga on 04.2006 エゾリス   2 comments   0 trackback
6月3日夕方、いつものように公園へ行きました。
土曜日ということもあり釣り人も多いなか巣へ直行です。


20060604212140.jpg
いつものように出迎えてくれるお母さん

でもいつもと違うのは、もうすぐ日が沈むというのに腹ペコだということ。
ここからお母さんの豪快な食べっぷりを目の当たりにするのです。


20060604212946.jpg
ちょっと遠出をいたしますから
お父さん子守よろしくね


20060604212631.jpg
まずは松の木でエビフライ作りに夢中になり・・・



20060604213116.jpg
この木がお気に入りのようで 一目散に向かいます


20060604213328.jpg
豪快に葉っぱがついたままもぎとり食べるお母さん。
なかの種(実?)を食べてるようで、いらない部分は食べ散らかし放題!


20060604213619.jpg
どこに行ったのか見失っても パラパラとカスを落とすので
容易に見つけることができます。
もちろん真下にいる私はカスだらけ・・・・


20060604214018.jpg
いつまでたっても巣に戻らないお母さんに
私たちのほうがやきもきしてるんです。

お母さん日暮れまでには戻ってね

近郊の湿原へ(3回目)

Posted by ezomomonga on 04.2006 湿原   0 comments   0 trackback
第1回目5月14日、第2回目5月20日に続いて
昨日6月3日 第3回目の湿原の観察へ。


20060604205024.jpg
ワタスゲはすっかりふわふわに。


20060604205202.jpg20060604205236.jpg
風になびく姿はとても涼しげ


20060604205722.jpg
ヒメシャクナゲ

20060604210251.jpg20060604210308.jpg
ミツバオウレン

20060604210617.jpg
ハルリンドウは今が満開!
ワタスゲに負けないぐらい咲いています。


20060604210731.jpg
ホロムイイチゴは葉っぱがたくさん出てきました。
もう少しで花がたくさん咲きそうです。


20060604210911.jpg
モウセンゴケも順調に育っています。


新しい芽がどんどん出てきているので、次回が楽しみ・・・・

覗くエゾリス母さん

Posted by ezomomonga on 02.2006 エゾリス   4 comments   0 trackback
今日の夕方もまどろむお母さん。
ただ知人も一緒だったので、いつもよりちょっと気になる様子。


20060602221849.jpg
まずは歓迎の覗き・・・・


20060602221938.jpg
そして動きに反応して覗き・・・・


20060602222030.jpg
いつものように片手を浮かして覗き・・・・


20060602222155.jpg

20060602222243.jpg
どんな隙間からも覗きます


20060602222335.jpg
本日最後は究極業の覗き!


というか私たちが覗いているんですけどね。



20060602222716.jpg20060602222739.jpg
キビタキにも会えました

まどろむお母さん

Posted by ezomomonga on 01.2006 エゾリス   6 comments   0 trackback
30日にエゾリスの引越しが終わってから
ずっと雨と寒さが続いています。

朝と夕方、公園の様子を見に行っていますが
なかなか姿は確認できません。

新しい巣は快適なのかしら・・・・
子供たちもみんな元気でいるのかしら・・・・
と不安がよぎります。

今日の夕方も 今にも雨が降りそうな暗い空。
公園もひっそりとしています。
早速巣を見に行ったところ・・・・


20060601195836.jpg
巣のそばにいました、お母さん!
そっと陰から覗いています。



20060601204455.jpg
近づいてみると・・・いつものくつろぎのポーズ。
手にあごをのせているではありませんか!
なぜか夕暮れ時は こうやってまったりしているお母さんです。


20060601204711.jpg
いつものように私たちがしゃべっていようと ピクリとも動きません。
よーく見てみるとあごのせポーズの場所は ちゃんと木の皮をはがしてあります。
きっとお気に入りの場所なのね。


20060601204837.jpg
急にお母さん巣のほうを気にし始めました。
子供が泣いているのでしょうか?
すぐに巣に飛んでいってしまいました。
しばらく尻尾だけがちらちら見えていましたが、その後確認できず。
授乳の時間なのかしら?

今日は新しい巣で無事に生活していることが確認できたので一安心。
私もゆっくり眠れそうです。
  

プロフィール

ezomomonga

Author:ezomomonga


北海道の山が好き、川が好き、花が好き、鳥が好き・・・・・

休日は好きなものを追い求めて散策するのが二人共通の楽しみ。

そんな様子をブログに綴っています。


2015年5月「登別」へとやってきました!

結婚してからは記念すべき10回目の引越。

そして、この地域は初めてなので散策が楽しみでなりません♪



メールはこちら
tairamama2000@yahoo.co.jp

天気予報

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。