Loading…

スポンサーサイト

Posted by ezomomonga on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿原へ(第7回)

Posted by ezomomonga on 31.2006 湿原   2 comments   0 trackback
ひさしぶりのお出かけです。
やっぱり「湿原」の様子が気になるので行ってみました。(7/30)


20060731083745.jpg
するとビックリ!
木道のまわりはすっかり草が刈られています。
ここにもいろいろな花たちが咲いていたのですが
笹がかなり侵食してきているところでもあります。

この奥のほうが湿原本番なので、この場所は湿原とはみなしていないのでしょうか。
ちょっぴり複雑な心境ですが、秋の花を楽しみに待つことにします。


20060731084127.jpg
この湿原の中では一番の背高のっぽのタチギボウシももう終わり。
夏本番で花を見つけるのもなかなか難しいので
ついつい目線は上の方に・・・・


20060731084805.jpg20060731084847.jpg
エゾチドリ                モウセンゴケ


20060731085916.jpg20060731085934.jpg
カキラン               ヨツバヒヨドリ 

              
20060731090346.jpg
からまりたいの」と言っていた葉っぱ。
自然って不思議です。


20060731090931.jpg
これから咲くのは何かしら・・・・


20060731091554.jpg
ちょっぴり日差しを避けて・・・ノビタキ


20060731091456.jpg
この湿原では初対面・・・・ホオアカ


20060731212438.jpg
ツバメシジミ


20060731084420.jpg
晴れ渡った空には飛行機雲がいくつも見えます。

これから湿原は秋に向かっての準備段階。
ちょっとの間おやすみですね。
スポンサーサイト

新千歳空港へ・・・

Posted by ezomomonga on 20.2006 道央   8 comments   0 trackback
お義父さんが岩手に行っていたので、新千歳空港へ迎えに行きました。

実は私、飛行機に乗るのがとっても苦手。
こわくてダメなんですよね~。
でも飛んでいるのを見るのは、すごく好きなんです。

千歳ではちょうど真上を飛ぶポイントがあって
そこに車を止めて見るのが一番好きなのですが
空港に行くからには展望デッキへ。

さてさて3連休最終日の空港内は・・・・ものすごい人!
こんなに混雑しているときに訪れるのは初めて。


kuukou37r.jpg
どこへ行っても人、人、人!


kuukou39r.jpg
展望デッキへ出るために3階へ行くと、ちょっと人は少なめに。
落ち着く雰囲気で、やっと一休み。


kuukou17r.jpg
滑走路は濃い霧の中。
離発着の便で大混雑です。


kuukou06r.jpg
離陸した途端、もう霧の中!


20060719175017.jpg
義父さんからはたくさんのお土産をいただいちゃいました!
(画像におさまりきらなかったので、とりあえずこれだけ)


20060719175028.jpg
以前一緒に岩手に旅行した時、とても気に入った「かりんとう」も忘れずに入っていました♪
1枚が こ~んなに大きいのです。

なんだか食べるのがもったいな~い。
といいながら、どんどん袋が開いていくのでした。

さっぽろ湖

Posted by ezomomonga on 19.2006 道央   4 comments   0 trackback
3連休は主人の実家(札幌)へ遊びに行きました。
自転車も積んで行ったのですが、あまり天候が良くなかったので
めずらしくドライブへ。

中日の16日は、定山渓から札幌国際スキー場に抜ける道を。
というのも、230号線はものすごく混んでいたので(連休ともなるといつもの風景)
途中から我慢できずに空いてる道へと曲がったのです。

昔は国際スキー場のシーズン券を買って通いつめていたので
あまりにも見慣れた風景なのですが、夏に通るのは珍しく とても新鮮に感じられました。


sapporoko21r.jpg
さっぽろ湖小天狗岳


sapporoko15ar.jpg
深い緑に囲まれたこの風景は、なぜか落ち着きます


20060719001853.jpg
赤いアクセントの湖水大橋


20060719001510.jpg
周りを見渡すとヤナギランが咲いていました。
「ラン」と名前がついていますが「ラン科」ではなく「アカバナ科」


20060719001657.jpg
近くで見るとこんなに可愛いのですよ


20060719002349.jpg
道路沿いではオオウバユリが開花
豪快な花ですね


17日は生憎の雨模様。
そんな中、えにわ湖のそばに咲いていたのは・・・・

20060719003118.jpg
エゾアジサイ
晴天より雨が似合ってしまう花の代表です


20060719003349.jpg
水色のガクに目がいってしまいがちですが
よーく見ると中の花も一つ一つがこんなに可憐。


20060719004249.jpg
恵庭公園では見渡す限りオオウバユリのつぼみ。
広大な敷地のほとんどが、こんな風景。


20060719004450.jpg
今か今かと咲くのを待っているんです。
開花はもうちょっと先のようですね。

たまにはのんびりドライブもいいものです。
ただ自転車でゆっくり景色や花を楽しむ事が多いので
ついついその調子で周りを見すぎて、車酔いしてしまうのでした。

湿原へ(第6回) 

Posted by ezomomonga on 18.2006 湿原   2 comments   0 trackback
3連休の初日、15日に湿原の散策へ。
周りの草も丈が伸びてきて、夏の景色になってきました。

20060718155958.jpg
たくさんのつぼみをつけていたタチギボウシもいよいよ本番!


20060718160138.jpg
現在の湿原の中では一番の草丈です


20060718160401.jpg
そして待ちに待ったモウセンゴケの開花


20060718160614.jpg
可憐な白い花が満開です


20060718160942.jpg
コバノトンボソウは目立たない中にも美しさが感じられます


20060718161855.jpg
そしてつぼみの姿も絵になってしまうこの花は・・・


20060718162033.jpg
カキラン


20060718162304.jpg
鮮やかな黄色が夏にピッタリ


bibaisitugen58r.jpg
風になびくヨシ


bibaisitugen63r.jpg
コンペイトウのようなミタケスゲも茶色く色づいてきました


20060718171021.jpg
ノリウツギ

やはり湿原では夏でも可憐な花々を楽しむことができるようです。
涼を求めて湿原へ・・・・・

ウスタイベ千畳岩キャンプ その4

Posted by ezomomonga on 13.2006 湿原   8 comments   0 trackback
camp49ar.jpg
最終日もすがすがしい朝


camp58ar.jpg


camp65ar.jpg


camp66ar.jpg
たくさんの賑やかなノビタキともお別れです


camp72r.jpg
最終日ものんびり海を眺めながらの朝食です。

その後テキパキとテントを片付け帰り支度を済ませます。

ここのキャンプ場は無料なのに、管理が行き届いており(管理人さんはいませんが)
トイレ・炊事場はとても清潔。
ゴミもしっかり分別されており、キツネなど寄らぬよう施錠も頑丈。
利用者も皆ゴミの後始末をきっちり済ませて帰っていきます。
このようなキャンプ場はとても気持ちがいいですね。

その後、先月も行った下サロベツ原野に少々寄り道。


20060711165501.jpg
見渡す限りのヤマドリゼンマイがとても鮮やか


20060711165654.jpg20060711165703.jpg
カキツバタ、ヒオウギアヤメに代わってノハナショウブが咲き始めました(左)
トキソウもこれからが見ごろ(右)


20060711165731.jpg20060711165717.jpg
ヤチヤナギクロバナロウゲ          ホソバノキソチドリ


20060711170248.jpgsimosarobetu14ar.jpg
ノリウツギのつぼみ        ネムロコウホネ

2週間しか経っていないのに、どんどん様変わりする湿原。
これからは夏の花が咲いていくのですね。


simosarobetu02r.jpg
帰り道は牧場がたくさん!
こんな風景も珍しくありません。
水を飲みに牧草地から牛舎へ移動中の牛たち。

見所満載の今シーズン初キャンプ。
身もココロもリフレッシュ!しちゃいました

ウスタイベ千畳岩キャンプ その3

Posted by ezomomonga on 12.2006 自転車   4 comments   0 trackback
北オホーツクサイクリングロードの帰り道
ベニヤ原生花園に寄ってみました


20060711092753.jpg
エゾカンゾウもほとんど終盤、代わってエゾニュウやエゾノシシウドが
にょきにょき伸びてきています(私はちょっと苦手)

それでもその隙間には小さな夏の花々が咲いているのです。


20060711092316.jpg20060711092326.jpg
カラマツソウ                ミヤマキンポウゲ


20060711092401.jpg20060711092342.jpg
ノハナショウブ               クロバナロウゲ


20060711094017.jpg
ウグイスの小径を抜けると海が見渡せます。


20060711094202.jpg
あたまに手ぬぐいを巻いているように見えてしまうオオジュリン


20060711094215.jpg
喉もとのオレンジ色が鮮やかなノゴマ


20060711095759.jpg20060711095813.jpg
ハマナス                     シオガマギク



20060711100329.jpg
そろそろ日も傾いてきたので北見カムイ岬を眺めに移動。
この岩場は釣り師の心を誘います。

この後、1日の汗を流しに温泉へ。
ひさしぶりの自転車とハイキングで結構疲れているようです。


camp41r.jpg
そして夕方からは再びテントで海を眺めて過ごすのでした。

ウスタイベ千畳岩キャンプ その2

Posted by ezomomonga on 11.2006 自転車   2 comments   0 trackback
ウスタイベ千畳岩キャンプ場に到着。

20060711073650.jpg
海が見渡せる場所には・・・・誰もいません。
やはり炊事場やトイレから遠いので敬遠されるのでしょうか。
私たちにとっては、それほど遠いとは感じられないので
「景色優先」のこの場所がいいのです。


camp02r.jpg
そしてテントから見渡せるこの景色。
何もしないで、ただ海を見ているだけ。


20060711074221.jpg20060711074232.jpg
ハマナスが咲き乱れる中、まわりにはたくさんのノビタキ
2泊3日のキャンプ中、たくさんのノビタキと過ごす事になります。


camp14r.jpg
夜はお酒を飲みながら、ロウソクの灯りだけで海を眺めます。

ここは日が暮れるとかなり冷え込むので厚着が必要。
暗くなってほどなく眠気が襲います。
キャンプに行くと自然と早寝早起きになってしまうのです。


20060711075820.jpg
翌朝漁船の音とカモメの鳴き声に加え、朝から大騒ぎのノビタキの声で目覚めます。

本日は北オホーツクサイクリングロードを走りに出発。
ひさしぶりの自転車に気分も高揚。

20060711080602.jpg
それなのに現地に到着して、組み立てようとしたらパンクしていたのです!
早々にチューブを取替え出発します。


20060711081258.jpg
出発地点のクッチャロ湖では、ちょうど祭りの真っ最中。
混み合う前に湖畔を抜けてしまいます。


20060711081329.jpg
クッチャロ湖を眼下に見下ろしながら、のんびりと・・・。


20060711083445.jpg
ところが徐々に風景がうっそうとした茂みに変化していきます。
そしてこれより先熊出没注意の看板が続々現れます!
今の所、出没情報はないようですが、出そうな雰囲気ありありなので
慌てて登山用のベルを装着して鳴らしながら進みます。


20060711081902.jpg20060711081914.jpg
オニシモツケ               センダイハギ

のんびり花を見る余裕もなく、ペダルがいつもより早く回っています。

20060711081312.jpg
ようやく開けた牧草地が見えてきて一安心。

猿払に到着し、帰りは国道を通ってクッチャロ湖へ帰ります。
ひさしぶりの自転車で汗びっしょり!
ちょっとコワイのでこのサイクリングロードはもう走らないかも・・・

走行距離60km

ウスタイベ千畳岩キャンプ その1

Posted by ezomomonga on 10.2006 湿原   6 comments   0 trackback
7月8日~10日まで2泊3日で今年初のキャンプに行ってきました。
オホーツク方面で自転車に乗りたかったのですが
ちょうど「オホーツクサイクリング」と重なってしまったので
道北でキャンプと自転車を楽しむことにしました。

今年初のキャンプなので、テント設営に時間がかかることを想定し
車が乗り入れ可能なキャンプ場を探し、以前連泊したことのある
ウスタイベ千畳岩キャンプ場に決定。
海沿いの場所を確保できれば、景色も最高なのです。

まずは途中 松山湿原(美深町)で花の観察を。

20060710210644.jpg
駐車場に到着すると、まずは満開のゴゼンタチバナが迎えてくれました。

20060710210737.jpg20060710210750.jpg
ゴゼンタチバナ               エゾゴゼンタチバナ

軽い気持ちで寄ったのですが(私だけ)思いもよらず登山道!
なんと山道を登った所にある湿原だったのです。もちろん主人は知っておりました。

matuyama14r.jpg
ヤブ蚊が大量発生しているので完全防備で山を登ります。
約25分とのことですが、実際にはもうちょっとあるようです。


20060710211755.jpg20060710211805.jpg
エゾノレイジンソウ            エゾイチゲ
20060710211826.jpg20060710211815.jpg
オクエゾサイシン                マイズルソウ 

山道にはこのような花がたくさん咲いているので疲れを感じさせません。


matuyama18r.jpg
もうすぐ山頂の湿原に到着です


matuayama46r.jpg
山道を登ってちょっぴり汗をかいていましたが、湿原はひんやり涼しいのです。


20060710213739.jpg20060710213753.jpg
今が見頃のキソチドリ       イソツツジ


20060710213808.jpg20060710213817.jpg
そしてたくさんのつぼみ・・・タチギボウシ(左) トキソウ(右)


matuyama39r.jpg
湿原には沼がいくつかあり また違った風景を楽しむことができます。

1時間ほど散策し下山。下りは快適に進みます(特に私は)

駐車場に到着すると、山を管理しているおじさんから
白樺樹液をいただきました!
冷たく冷えた初の樹液のお味は・・・甘いのですね~♪

更にちょうど見つけたという4つ葉のクローバーまでいただいちゃいました。
「幸せが訪れますように・・・」との言葉まで。
キャンプの始まりは こんなに素敵な出来事から始まったのです。

ツール・ド・フランスの7月

Posted by ezomomonga on 06.2006 自転車   2 comments   0 trackback
1日より始まった「ツール・ド・フランス」
もう毎日毎日ワクワクな日々が続いております。

毎日ほとんど夜中までの放送のため(スカパー)
早朝リス観察も当分お休みなのです。
昨年も毎日寝不足になりながらも、ランスの最後の姿を楽しみました。

今年はドーピングで波乱の幕開けとなってしまい
一昨日には優勝候補のバルベルデが落車、骨折でリタイア。
いったいどうなるの!これから!!
そして大好きなマキュアン!頑張ってーっ!もっとやんちゃでもいいわよー!

ツールを見ていると無性に自転車に乗りたくなってくるので不思議。
ということで今週末は絶対に自転車に乗ります~。

旭岳散策 その2

Posted by ezomomonga on 03.2006 登山   8 comments   0 trackback
20060702205804.jpg
姿見駅から見る噴気孔はこんな感じです。


20060702210116.jpg
そして奥の看板の所まで行くことができるので迫力満点!


20060702211058.jpg
残念ながらキバナシャクナゲの花が好物だというエゾシマリスには出逢えませんでした。

そして「姿見の池」に到着した辺りから段々と雲が出てきたのです。
これより 山頂は雲に覆われてしまいました。


20060702211904.jpg
ここの山では一番背伸びをしているチングルマ


20060702212305.jpg20060702212326.jpg
ミツバオウレン               ミネズオウ


20060702213416.jpg
突然目の前に現れたエゾコザクラ群落


20060702213231.jpg
主人も可愛い表情を撮るのに必死です


20060702214435.jpg20060702214458.jpg
20060703113603.jpg
まさに「山の妖精


20060702215102.jpg
ちょっと早めに咲いたミヤマリンドウにも会えました

1周1時間のコースでしたが、私たちが要した時間は2時間半。
まぁ、予想通りでした。
いったいどれだけの人が私たちを追い抜いて行ったことでしょう。
でも、いいのです。
ゆっくり じっくり マイペース

旭岳散策  その1

Posted by ezomomonga on 02.2006 登山   4 comments   0 trackback
高山植物が咲き乱れる旭岳
GWに春スキーに行って以来の訪問です。


20060702172957.jpg
7時15分に旭岳ロープーウエイに乗り込み「姿見駅」を目指します。
緑が生い茂り、ここ大雪山系にも短い夏がやってきました。
まだ朝早いこともあってロープーウエイには10人ほど。


20060702173458.jpg
まずはエゾノツガザクラが私たちを迎えてくれます


                     クリックで大きくなります(写真はすべて)
20060702173807.jpg20060702173819.jpg
エゾノツガザクラ(左)は花冠に腺毛がみられますが
コエゾツガザクラ(右)は無毛です。
まだ100mほどしか歩いていないのに2種類が楽しめるのです。


20060702174735.jpg
更によく探すとアオノツガザクラまで。
(右下にある少し小さめのものです)


20060702175407.jpg
そしてメアカンキンバイの鮮やかな黄色が目に飛び込んできます


20060702181328.jpg20060702181057.jpg
岩場に目を向けると今度はジムカデ(左)とイワヒゲ(右)の群落


20060702182211.jpg
すり鉢状になっているすり鉢池には まだ氷が!


20060702182827.jpg
隣の鏡池の氷はすっかり溶け、山々を映し出しています


20060702185456.jpg
途中、雪渓を越え噴気孔へと向かいます。

続きはまた・・・「旭岳散策 その2」へ・・・

湿原へ(第5回)・・・トキソウ満開

Posted by ezomomonga on 01.2006 湿原   10 comments   0 trackback
3年ぶりぐらいに風邪をひいてしまい
ちょっとしか熱がでていないのに、すごくやられていました。

週末は「晴れ」の予報で気持ちだけが焦ります。
絶対に「気合で治すぞーっ」と意気込んでおりました。

そして本日・・・夜中から激しい頭痛・・・
なんとか薬を飲んで落ち着かせます。
風邪も完治はしていませんが、家にいるよりは「素敵な景色」を選んでしまうのでした。

そして近郊の湿原へ。
晴れた湿原はひさしぶりなので、足どりも軽いこと軽いこと♪


20060701134702.jpg
入り口の水辺にはホソミイトトンボがたくさん飛んでいます


20060701134711.jpg
湿原に足を踏み入れると まずは鮮やかなエゾカンゾウ


20060701134750.jpg
モウセンゴケはいよいよつぼみが!
もうちょっとで花が咲きそうです。


20060701134737.jpg
ワタスゲはたくさんの種を大地に飛ばしています


20060701134724.jpg
そして目の前に広がっているのは満開のトキソウ


20060701140313.jpg
あたり一面に咲く美人顔のトキソウ


20060701140457.jpg
湿原の主役の座はハルリンドウからトキソウ


20060701134818.jpg
これからも次々と咲き始めるつぼみがたくさん
(ノハナショウブ?)


20060701141635.jpg
これはラン科の花かしら?

次回がまたまた楽しみなのでした。

そして風邪は・・・良くなってるし~♪
  

プロフィール

ezomomonga

Author:ezomomonga


北海道の山が好き、川が好き、花が好き、鳥が好き・・・・・

休日は好きなものを追い求めて散策するのが二人共通の楽しみ。

そんな様子をブログに綴っています。


2015年5月「登別」へとやってきました!

結婚してからは記念すべき10回目の引越。

そして、この地域は初めてなので散策が楽しみでなりません♪



メールはこちら
tairamama2000@yahoo.co.jp

天気予報

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。