Loading…

スポンサーサイト

Posted by ezomomonga on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川霧

Posted by ezomomonga on 31.2007 鳥・生き物   12 comments   0 trackback
IMG_9249ra.jpg
週末、北海道は冷え込みました。
日の出前、石狩川へと足を運ぶと気温はマイナス14度。
これだけ冷え込むと川霧が見られます。



IMG_9253ra.jpg
川霧とは、気温が下がると川の水温が高いために
水が蒸発し見られる現象です。
空高く立ち上る川霧・・・とても幻想的な朝の風景です。



IMG_9224ra.jpg
薄い氷の上で寝ている水鳥たち



IMG_9205ra.jpg
一足早く目覚めたホオジロガモが飛んでいきます



IMG_9261ra.jpg
蓮葉状の氷も勢いよく流れています。
でも海で見られる角が丸いものとは違いますね。
薄く表面が凍ったものが、バラバラになって流れているようです。



IMG_9260ra.jpg
まるで空の上から雲と冬の海を見ているような不思議な感覚。
こんな冷え込んだ朝は、川へ出かけてみるのもいいですね




スポンサーサイト

芦別の森をスノーシュー

Posted by ezomomonga on 30.2007 スノーシュー   18 comments   0 trackback
IMG_9204ra.jpg
週末、芦別の森でスノーシューを楽しみました。
ここからはカナディアンワールドが見渡せます。
冬は通行止めとなっている安全な道・・・でも森の中なのです。



IMG_9205raa.jpg
足跡のついていない雪の上を進むのは気持ちいい~♪
どんな出逢いが待ち受けているのか毎回ワクワクします。



IMG_9139ara.jpg
早速たくさんの鳥がお出迎え
カケスもこの森では影が薄いのです。
それは、あまりにも他の鳥が多いから・・・・




水郷公園

Posted by ezomomonga on 28.2007 鳥・生き物   12 comments   0 trackback
IMG_8987ra.jpg
先日阿寒に行った時に寄り道した、弟子屈にある水郷公園
ここはたくさんのオオハクチョウカモを楽しむことができる場所。

水車や鳥見台などが設置されている広々とした公園です.




IMG_7899ra.jpg
入り口では、たくさんのスズメがお出迎え。
みんな身体を膨らませてています・・・・寒いのですね。



IMG_8994ra.jpg
今の時期はオオハクチョウが羽を休めています



IMG_7913ra.jpg
ハクチョウは優雅に飛んでいるイメージがありますが
飛び立つ前の助走は豪快!



IMG_7925ra.jpg
着水時には大きな水かきのある足がブレーキ代わり。
飛行機の車輪のようにニョキっと出てきます。




ペットボトルでランタン作り

Posted by ezomomonga on 27.2007 handmade   10 comments   0 trackback
2リットルのペットボトル容器でアウトドア用ランタンを作りました。
(頭の中で想像したものを形にしたものです)



IMG_9188ra.jpg
まずはハサミ、カッターなどで切り抜きます。
サイドは両側とも残しておきます。
ここは「持ち手」になりますから。



IMG_9191ra.jpg
裏からピンを差し込みます。
補強のため瞬間接着剤をピンの周りにつけておいたほうが良いでしょう。
そして中からロウソクを刺します。
今回は太めのものを使用しました。

ピンのまわりにロウをちょっとたらしてから刺すと完璧!
倒れないようにしましょう。



IMG_9189ra.jpg
こんな感じです




丸加高原

Posted by ezomomonga on 26.2007 道央   13 comments   0 trackback
maruka005ra.jpg
春は菜の花、秋にはコスモスが咲き乱れる丘として
あまりにも有名な丸加高原(滝川市)
黒柳徹子さんの母、朝さん(チョッちゃん)が
花いっぱいを提唱したことでも知られています。



maruka003ra.jpg
この時期は閑散としていますが、実は夕日を見るのに最適な場所。



maruka006ra.jpg
晴れ渡った日には車を走らせ丘へと向かいます




道民の森をスノーシュー

Posted by ezomomonga on 25.2007 スノーシュー   21 comments   0 trackback
IMG_9149ra.jpg
道民の森「青山ダム」へスノーシューで行ってきました。
早速足を踏み入れると、今までにはない感触。

その1・・・深い
     ストックを刺すと軽く1mあります。
     転んだらどこまで沈んでしまうの~?

その2・・・重い
     踏み込むとズズズズ-ッとじんわり沈んでいく。
     次の足を出そうにも1歩が大変!
     片足になった瞬間、再びズズズッ-と沈む。
     写真のように、深く足が沈んでも周りの雪は崩れません。

そんな初めての体験の中、出発したのでした。 



IMG_9113ara.jpg
周辺の木々ではアカゲラ、コゲラがコツコツやっています。
そして枝先にぶら下がっているアカゲラ発見!



IMG_9112ara.jpg
なんと木の実を食べています!
木をつつく以外の採食を初めて目にしました♪
ちょっと重いので、枝がしんなりしてしまうのが気になるところ。



IMG_9116ra.jpg
イワガラミ



IMG_9116bra.jpg
アジサイ科の植物でよく見られるものは
ノリウツギ、ツルアジサイ、そしてイワガラミ。
冬でも花を落とすことなくドライの状態で楽しめるのがいいですね。




日本海

Posted by ezomomonga on 24.2007 道北   10 comments   0 trackback
IMG_9138ra.jpg
最近山にばかり行っているので、海が恋しくなりました。
早速、車で1時間ほどの日本海へ。



IMG_9097ara.jpg
風もなく穏やかな日・・・・
海鳥を見るのも楽しみのひとつ。

この時期、様々な鳥が川や湖だけではなく
海にもやってくるのです。

こちらはシノリガモ
潜水がお得意なので、突如消えてしまうこともしばしば。



IMG_9105ara.jpg
雌はやっぱり地味なのですが
白い斑点があるだけでちょっと可愛らしいですよね。
キンクロハジロほどの大きさです。




野花南湖

Posted by ezomomonga on 23.2007 スノーシュー   10 comments   0 trackback
IMG_9095ra.jpg
週末、芦別へ。
星の降る里大橋を渡ると、なにやら作業中。
一番上が見えないぐらい高いクレーンです。



IMG_9096ara.jpg
よくよく見ると雪を落としていたのです。
この「星の降る里大橋」の頂上部分、雪が凍って落ちるのを防ぐために
滑雪チタンパネルが採用されているとのこと。
角度も雪の滑りに効果的な60度としており完璧のはず。
それでも最後は「人の手」なのですね。

高さ65.2メートルでの作業・・・どんな景色がみえるのでしょう。
後ろの大観音像は88mもあるそうですよ。
本当にこの辺り、高いものばかりです。



IMG_9112ra.jpg
さて、スノーシューを楽しみに来た場所は上芦別公園 
野花南湖(ダム湖)のほとりにあるキャンプ場も兼ね備えた公園です。




太陽柱(サンピラー)

Posted by ezomomonga on 21.2007 道央   19 comments   0 trackback
今朝、いつものように日の出の時間帯には厚い雲が覆っていました。
「また日の出が見られないのね・・・」と思いながら
車を走らせ雨竜方面へ。

空知川には川霧がかかっています。
今朝は冷え込んでいたのでしょう。

そろそろ厚い雲の中から太陽がでてくるかしら・・・・
と空を見ると太陽柱(サンピラー)


IMG_9132ra.jpg
太陽柱(サン ピラー)とは、大気中の氷の結晶が太陽光を反射して
空に光の柱が観察される現象です。



IMG_9133ara.jpg
太陽がちょっぴり頭を出してきました。

そして幻想的な太陽柱ともお別れ・・・・

風がなく、程よい寒さ、そして川霧など
いろいろな条件が重なって見られた太陽柱。
ほんの一瞬の小さな出会いに感謝・・・・


タウシュベツ橋梁

Posted by ezomomonga on 20.2007 十勝・日高   22 comments   0 trackback
IMG_9062ra.jpg
阿寒湖畔の林の中では、やっぱりもれなくついてくる
この辺り、新しい食痕があれば見られる可能性は高いです。

今回の旅、なぜかいろいろな鳥が私の元に飛んでくる・・・・
しかも至近距離なのに皆逃げない・・・・
やっぱり誕生日を祝ってくれたのかしら?



IMG_9045ra.jpg
先日に引きつづき雌(♀)
相変わらず一心不乱に樹皮を剥がすのに集中しています。



IMG_9057ra.jpg
今回見たクマゲラたちがいたカラマツは、奥まっている場所ではなく
日当たりのいい場所に立つものばかり。
それを好んでつついているようにも見えます。
しかも日の当たる側ばかりを剥がしているので
これから探す時の手がかりにしたいところ。

実際、皮を剥がした後に垂直につつきだすと
かなり深くまで掘り進みます。
そんな奥にいる虫を見つけることができるなんてスゴイです!
「ここかな、それともここかな・・・」と左右から確認してみたり
長時間見ていても飽きることがありません。

前日に引き続き1時間ほど観察していると
身体が冷えてしまい、こちらがギブアップなのです。 



IMG_9084_1ra.jpg
道東のキタキツネにも別れを告げ家路につきます


IMG_9080_1ara.jpg
またね♪



IMG_9088_1ra.jpg
ワカサギ釣りで賑わう糠平湖を過ぎると
右手に林道があります。
タウシュベツ川橋梁へつづく道です。
4kmほど曲がりくねった林道を進むと、このような看板があります。
とても小さいので見落としそうなくらい。
ここからは歩いて湖へと進みます。




ボッケ遊歩道

Posted by ezomomonga on 19.2007 道東・オホーツク   8 comments   0 trackback
IMG_8979ra.jpg
いよいよ弟子屈から阿寒に向かいます。
以前ホームゲレンデだったビラオスキー場を懐かしく眺めながら・・・・



IMG_8999ra.jpg
阿寒に向けて通らなければならない峠・・・・
それは阿寒横断道路です。
U字カーブが続くこの峠は真冬が恐ろしいのです。
以前この辺りに住んでいたので頻繁に通っていましたが
それでもできれば避けたい道なのです(私は助手席専門ですけどね)

ところが、この道は絶景が見られる場所でもあります。
ちょうど弟子屈方面からくると、頂上を過ぎ
下りに入ってからほどなく、真正面に雄阿寒岳の全貌を見ることができます。
しかも日の出頃、冬は山頂に降り積もった雪が赤く染まるのです。

この日は少々遅い時間でしたが、青空の中の景色を堪能できました。
ちょっと雲がかかって残念でしたね。
(この次のカーブを過ぎると絶景ポイント)



IMG_9003ra.jpg
阿寒に到着。
エコミュージアムセンター横より、遊歩道を進みます。
この日は足跡がついていたのでスノーシューはなし。
つぼ足で進みます。



IMG_9006rb.jpg
ボッケに到着。
温泉の蒸気で周りの木々は真っ白!



IMG_7956ara.jpg
ボッケとは泥火山が噴出したもので
アイヌ語で「煮え立つ」を意味しています。
静まり返った林の中「ボコッボコッ」という音が響きます。




夜が明けて・・・・

Posted by ezomomonga on 18.2007 道東・オホーツク   12 comments   0 trackback
SANY3024ra.jpg
クマゲラに見とれてしまい身体が芯まで冷えてしまいました。
国民宿舎野中温泉別館(日帰り入浴350円)へ。
シャンプー・石鹸・シャワーなどありません!
源泉かけ流し100%・・・これぞ「温泉」なのです(こちら男湯・露天)



SANY3033ra.jpg
入ってる人は誰もいません。
そして露天風呂は大自然の雰囲気が味わえます。
「やっぱり露天はこうじゃなくっちゃー♪」

女湯から入り口を見たところですが
露天に入る間に、男湯から見えてしまいます。
バスタオル等巻いて露天に向かいましょう。
そのまま入ってはダメですよ、もちろん。



SANY3031ra.jpg
露天からの景色は最高!
そして外はもちろんマイナス気温。
内湯は熱めなので、時々そちらで温まりましょう。

さぁ、温泉のあとは弟子屈へ向かいます。
翌朝も日の出前から行動開始なので、車中泊。
寝袋、枕、持参です。




またまた出逢った!

Posted by ezomomonga on 17.2007 スノーシュー   17 comments   0 trackback
IMG_8957ra.jpg
フワフワボールのアトリが寝てしまった場所は
実はもうオンネトーでした。

すっかり凍ってしまっているオンネトーですが
正面には噴煙をあげる雌阿寒岳阿寒富士を見ることができます

きっと「ここで休んだら?」と言っているのでしょう。



IMG_8954ara.jpg
私もゴロンと横になって青空を見上げていると
アトリもお目覚めのようです。
・・・・カレの視線を感じる・・・・
あなた本当に野鳥よね?



IMG_8956ra.jpg
途中で買ってきたイチゴのショートケーキでプチお祝い♪
ちょっとくずれたケーキでも景色が美味しさをプラスしてくれます。



IMG_8959ra.jpg
途中、釧路から来た方とお会いしたのですが
この日はマイナス17度まで下がっていた模様・・・・
どうりで寒いはずです。
そしてここより先、遊歩道が続いており進むことができるのですが
風景は変わらないということで折り返します。



IMG_8960ra.jpg
ちょっと森にも寄り道。
こんな所でも動物達は元気に暮らしているのですね♪





スノーシューを楽しむ

Posted by ezomomonga on 16.2007 スノーシュー   10 comments   0 trackback
IMG_8924ra.jpg
いよいよ目的地へスノーシューで出発!
先客は2名ほど。

もう帰ってきた跡があるので、朝一番で向かったのですね。
振り返るとこんな風景。
後ろにちょっぴり山が見えてきました。
  


IMG_8930ra.jpg
冬季通行止めとなってしまう「この道」は
スノーシューや歩くスキーで向かいましょう。

途中、エゾシカの足跡がたくさんありましたが
細い足、そして体重があるため 相当深く沈んでいました。
つぼ足(何も履かず靴のまま)ではちょっと厳しい道です。



IMG_8928ara.jpg
相当寒い「この場所」は、全てが凍っています。
雪が全て立っている・・・・と思ったのは氷の結晶なのでした。



IMG_8941ara.jpg
肉眼でもはっきりと見ることができます



IMG_8943ra.jpg
辺りは巨木がたくさん!
全部をカメラに納めるのは難しい・・・




凍てつく寒さ

Posted by ezomomonga on 15.2007 道東・オホーツク   12 comments   0 trackback
12日が私の誕生日だったこともあり
週末は主人プロデュースの旅へ。

前日より「4時起床」との声がかかります。
そして夜明け前には出発。
向かうは東・・・・・天気予報は晴れです



IMG_8901ra.jpg
7時過ぎ、ようやく日が昇ってきました。
徐々に見えてきた空の色は青!天気予報は当たりそう♪



IMG_7734ra.jpg
日の出と共に動物達も活動開始!
キタキツネに久しぶりに会いました(大雪湖)
足跡はいつも見ているのですが・・・・



IMG_8905ra.jpg
相当冷えているようです。
辺りの木は真っ白。



IMG_8911ra.jpg
特に川沿いでは霧氷



IMG_8912ra.jpg
太陽の光を浴びて木がキラキラと輝いています




千歳川のカモたち・・・

Posted by ezomomonga on 13.2007 鳥・生き物   16 comments   0 trackback
大荒れの天気の中でも鳥に会いたい!
そんな願いを叶えてくれる千歳川
どんな鳥たちが集まっているでしょう。



IMG_8753ra.jpg
まずはマガモ
ちょっぴりセンチメンタル気分だったり・・・・・



IMG_8770ra.jpg
ラブラブだったり・・・・・



IMG_8784ra.jpg
恋のライバルだったり・・・・
見ていて飽きることがありません。



IMG_8746ara.jpg
そしてキンクロハジロ
冠羽が強風にあおられ乱れています



IMG_8757ara.jpg
こちら通常の冠羽。
三つ編みしてあげたくなるぐらい長いんです。





大荒れの3連休

Posted by ezomomonga on 12.2007 道央   14 comments   0 trackback
3連休は大荒れ!
お互いの実家を行き来するのに通る支笏湖線は
はたしてどんな状況なのでしょう。
助手席からの撮影です。



IMG_7512ra.jpg
湿った雪なので、いたるところで枝が垂れ下がっています。
大丈夫?この道・・・・



IMG_7513ra.jpg
やっぱり!
ところどころで折れているので、運転も細心の注意が必要。



IMG_7500ra.jpg
吹雪くと落ちている枝が見えません!



IMG_7514ar.jpg
そこでパトロールカーが出動。
朝からたいへんな作業です。



IMG_7522ra.jpg
ようやく支笏湖到着。
湖はほとんど見えません。

しかし、大雪はここまで。
千歳に入るとウソのように雪がないのです。



IMG_8739r.jpg
美々川の横に建つ千歳科学技術大学のあたりは
こんなに可愛いモチーフのついた街灯が。
ヤマセミとミヤマカケスです。

ここ、ほとんどがヤマセミ+ヤマセミなのですが
ところどころにカケスが入っているんです。
ちょっと謎です。



IMG_7684ra.jpg
夕暮れ時、農道を走っていると何百羽ものオオハクチョウが!
まだ雪が積もってないので、こんな春のような風景が見られるのですね。
(3連休が終わってから、かなり雪が積もったようです)



IMG_7683ra.jpg
強風の中でも元気に畑の中をついばんでいます。

翌朝は冷え込み、この辺りは凍ってしまったために
見ることはできませんでした。

その日、その時、その場所での出逢いを大切にしたい2007年です。


雪の中のカワガラス

Posted by ezomomonga on 11.2007 鳥・生き物   19 comments   0 trackback
大荒れの3連休初日
実家に帰る途中「恵庭公園」に立ち寄りました。
雪の上についたたくさんのエゾリスの足跡をすかさずチェック!

ここは4枚の花びらがつくオオバナノエンレイソウを
昨年春に見つけたところ・・・・またちょっと楽しみが増えました。



IMG_7463ra.jpg
窓がある木・・・・向こう側がのぞけます。



IMG_8682ra.jpg
こんな林の中では、アカゲラの赤い色がとても目立つのですね


IMG_7481ra.jpg
白扇の滝
南区へ抜けるために、恵庭湖まわり。
秋には紅葉で賑わう場所ですが、冬は閑散としています。
特に荒れた天候の中、見に来る人は・・・・いません。



IMG_8693ra.jpg
とても冷え込んだこの日、いろいろな氷の造形美を見せてくれます



「食べ放題のエゾリスの森」をスノーシュー

Posted by ezomomonga on 10.2007 スノーシュー   10 comments   0 trackback
お正月休み、やはり家でじっとしていることはできず
スノーシューを車に積んで外へ出かけます。
そして「食べ放題リスのいる場所」へ向かったのでした。

ここの裏山には林道があり、エゾリスたちもここから食事に来ている模様。
どんな風景が広がっているのでしょう♪

まずはエゾリスに朝の挨拶を。



IMG_8668ra.jpg
この日もパリパリという音ですぐにわかります。



IMG_8623ara.jpg
結構食べていますよ。
半分ぐらいまで・・・・種が入っているのですね♪
よかった、よかった。



IMG_8653ra.jpg
ヒガラの数も相当数。
私の頭の上、耳の横、すごい勢いで飛んでいくのです。



IMG_8667ra.jpg
だって、ほら・・・・
こんなに「まつぼっくり」が開いてるんですよ~



IMG_8657ara.jpg
太陽の光を浴びてとっても暖かそう(通称ハナクロ君)



IMG_7434ra.jpg
さぁ、いよいよスノーシューを履いて林道へ。
エゾリス、ウサギ、キツネ、様々な足跡が横切っています。




ブルーリバー

Posted by ezomomonga on 09.2007 スノーシュー   17 comments   0 trackback
美瑛自然の村方面から、温泉街へと車を走らせます。
いよいよブルーリバーと呼ばれる美瑛川

まずは下流の橋より下を覗き込むと・・・・


sirogane019ra.jpg
おおっ!すでにちょっとブルーです。



IMG_7378ra.jpg
私は我慢できずに下へ降りていきました。
ところがどうでしょう。
下からは、あまり青く見えないのです。

太陽の照り方、見る方向、天候などにより
色が微妙に変わってくるのです。 
下の私は放心状態(かなり雪をこいで降りましたから・・・・)



IMG_8581ra.jpg
温泉街の傍から、今度はスノーシューで歩きます。

段々、川の音が近づいてきました



sirogane040ra.jpg
そして目の前に広がるブルーリバー
高台から見る美瑛川は、言葉では言い表せないほどの色なのです・・・



IMG_7386ra.jpg
そこではマガモとちっちゃなコガモが仲良くお昼寝



sirogane038ra.jpg
ブルーリバーを独り占め




白金の森へスノーシュー

Posted by ezomomonga on 08.2007 スノーシュー   15 comments   0 trackback
お正月休み、美瑛町白金へスノーシューに出掛けました。

まずは旭川経由で美瑛へ。

美瑛自然の村方面へスノーシューを履いて進みます。



IMG_8537ra.jpg
反射鏡にはクマゲラのオブジェがついています。
この辺りの道には全部です・・・・すごい。



IMG_8539ra.jpg
ここは冬季通行止めの道。
のんびり散策することができます。

すると早速、木から雪が落ちてきます。
ちょっと不自然な落ち方・・・・何かいるようです。



IMG_7334ara.jpg
いたいた、エゾリス!
たっぷり積もった雪で まつぼっくりが埋まっています。
早速 除雪作業を開始!
顔で積もった雪を押しのけます。
その度に、たくさんの雪が「ザザーッ」と落ちています。



IMG_7336ara.jpg
おかげで顔はこんな感じ。
ちょいとお爺ちゃんです。




お留守番

Posted by ezomomonga on 06.2007 エゾリス   10 comments   0 trackback
IMG_7422ra.jpg




IMG_7423ra.jpg



3連休、今日から実家に行ってきます。

4日早朝に会った かなり眠そうなエゾフクロウ
ひさしぶりに会ったお父さんリスに お留守番をお願いしました。

それでは明後日まで~

まつぼっくりの謎

Posted by ezomomonga on 05.2007 エゾリス   16 comments   0 trackback
年の瀬に見つけたヨーロッパトウヒがある森。

そこのエゾリスは、いつもまつぼっくりをキレイに食べません。
確かにたくさん生っているのですが、贅沢なだけなの?

そこで、リスが落としたまつぼっくりを拾ってきました。
さぁ、謎は解明できるでしょうか!!

まずは・・・まつぼっくりの秘密

実は、まつぼっくりは濡れている時(雨や雪)には閉じています。
乾燥すると開く・・・という仕組み。

リースなどを作るために拾ってきた場合には
きれいに洗ってちょっと煮沸をし、乾燥させると開きますよ。
雪の上に落ちているものも同じ。
閉じているから・・と思っても、部屋に置いておくとちゃんと開きます。



IMG_8517ra.jpg
ぎゅっと固くしまっていたものを持ち帰りましたが
部屋においておくと数時間でご覧のとおり・・・開いてしまいます。

それでは、少しずつバラしていきましょう



IMG_8518ra.jpg
まずは鱗片(りんぺん)を剥がしてみます。
リスは1枚ずつ綺麗にはがしますが、手ではかなりの力が必要。
特に根元は頑丈です!



IMG_8522ra.jpg
これが鱗片



IMG_8524ra.jpg
剥がすと間から翅(はね)のついた種が出てきます。
まつぼっくりが開くと、風に乗って種を遠くにとばすという仕組み。

雨の日や湿った日には遠くに飛ばすことができないので
閉じているというわけです。



IMG_8526ra.jpg
翅から種を剥してみます。
こんなに小さいんですね。
そしてエゾリスはこれを食べているんです!



IMG_8530ra.jpg
端っこから1枚ずつ鱗片を剥し、小さな種を見つけ出し食べているのですね。
1本のまつぼっくりを食べきるなんて気の遠くなる話です。

実はバラしてみてわかったこと!
種はほとんど入っていませんでした。
だから、あのリスはちょっと食べては次のまつぼっくりへ・・・



IMG_8503ara.jpg
開くと小鳥達が一斉に群がり食べています。
鱗片の間に嘴を入れて種をたべているのですね。



IMG_7230ara.jpg
実情は、こんなにたくさん生っていても
なかなかご馳走にありつけないのです。

食べ始める根元の部分は、閉じていることが多いので
種も残っているのでしょう(先の方から開きます)
それで「根元だけ」食べているようなのです。

そういえば12月9日に訪れた旭川の神楽岡公園のエゾリスは・・・・



IMG_6355ara.jpg
最後までキレイに食べきっていました。
それはそれは見事なエビフライを作っていたのですよ。
きっと種がぎっしり詰まっていたのですね

今回わかったことはここまでです。
まだまだ謎だらけですが、奥が深そうですね。



続・贅沢リスさんの森

Posted by ezomomonga on 04.2007 エゾリス   10 comments   0 trackback
年末は2日続けて「贅沢リスさんの森」へ足を運びました。

1日で雪が15~20cm積もった模様。
既にお日様も昇ってしまった8時過ぎ
3匹のリスたちはどうしているでしょう。



IMG_8494ra.jpg
いました、いました



IMG_8486ra.jpg
こんなに雪が積もったので、なかなか姿を見つけるのは難しそう。
でもやっぱりあの音がするんです。
パリンパリン・・パキッ・・・まつぼっくりをむしる音。



IMG_7210ra.jpg
この日も仲良く3匹でお食事中



IMG_7239ra.jpg
時折、積もった雪も食べています



IMG_7219ra.jpg
やっぱり、ちょっと食べては次のまつぼっくりへ・・・

この「まつぼっくりの謎」は明日・・・・
この謎が気になっている人が多いので、調べてみましたよ~




贅沢リスさんの森

Posted by ezomomonga on 03.2007 エゾリス   17 comments   0 trackback
IMG_7164ra.jpg
年末、以前訪れていて気になっていた場所へ。
そうです「まつぼっくり食べ放題」のところです。
(12月22日のブログ「食べ放題のエゾリス」はこちら

到着すると朝焼けの中ヒガラがまつぼっくりをつついています



IMG_7147ra.jpg
いました、いました。
耳を澄ますとパリパリパリという「まつぼっくり」をはがす音が!



IMG_7154ara.jpg
もう夢中!



IMG_8403ra.jpg
この写真では2匹が写っていますが
ここでは3匹がお食事中。

後々、森の中をスノーシューで散策したところ
やはり3匹の足跡が!
同じ方向から来たようです。



IMG_7171ara.jpg
相変わらず、ちょっと食べてはポトっと下に落として
つぎの「まつぼっくり」を取っているのです。
なぜなのでしょう。
贅沢三昧しているわけではなさそう・・・・




年末年始はエゾフクロウで・・・

Posted by ezomomonga on 02.2007 エゾフクロウ   10 comments   1 trackback
2006年大晦日


IMG_7195ra.jpg
いつもの場所にエゾフクロウがとまっています。
「来年もよろしくね~」と、年末の御挨拶。



IMG_7307ra.jpg
さて夕方再び・・・・
まだいました。
2006年を締めくくってくれたのはエゾフクロウ

ところが・・・・



IMG_7279ra.jpg
別の木にとまっている あなたはだ~れ???




IMG_7288ra.jpg
招きフクロウ
みなさんの所にも福がきますよ~に


年が明けて2007年
初日の出は・・・・



IMG_7311ra.jpg
やっぱり、あなたと共に・・・



IMG_7308ra.jpg
いよいよ日が昇ってきたわよ・・・・

ん?随分上を見ているわね。
まだそんなに昇っていないわよ。



IMG_7309ra.jpg
ヒヨドリがうるさかったんですね。

こんな感じで2007年は始まりました

新年のごあいさつ

Posted by ezomomonga on 01.2007 くらし   14 comments   0 trackback
IMG_7067rb.jpg


あけましておめでとうございます。

2007年も皆様にたくさんの幸せが訪れますように・・・・

  

プロフィール

ezomomonga

Author:ezomomonga


北海道の山が好き、川が好き、花が好き、鳥が好き・・・・・

休日は好きなものを追い求めて散策するのが二人共通の楽しみ。

そんな様子をブログに綴っています。


2015年5月「登別」へとやってきました!

結婚してからは記念すべき10回目の引越。

そして、この地域は初めてなので散策が楽しみでなりません♪



メールはこちら
tairamama2000@yahoo.co.jp

天気予報

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。