FC2ブログ
Loading…

羅臼川から熊越の滝を望む

Posted by ezomomonga on 20.2007 道東・オホーツク   8 comments   0 trackback
熊越の滝
知床峠を羅臼側へと渡っていくと、熊越の滝へ向かうル-トがあります。
地図で見ると、ちょうど「熊越の滝」から程近い場所を降りていくのですが
今回は、ちょっと違うルートを。



IMG_5833mb.jpg
知床大橋を越える時、ちょうど羅臼川と溜りを見ることができます。
この橋の脇道、降りることができるのです。
(橋を越えると右側に車を止めるスペースあり)



IMG_5835mb.jpg
羅臼川と、熊越の滝の合流地点。
この「溜り」・・・中から泡が出ています。
湧き水?ずいぶんとブルーなのです。
ちょっと下流には温泉がありますから、もしかして温泉?



IMG_5842mb.jpg
羅臼川沿いを歩くことができるこの場所・・・・・



IMG_5687anb.jpg
やっぱりカワガラスが飛びまわっています。



IMG_5699nb.jpg
キクバクワガタもあちらこちらに。



IMG_5836mb.jpg
そして奥に熊越の滝を望むことができる場所なのです。
ここは冬にも行ってみたい!!!
たぶん熊は越えてこないと思われます・・・・・




おはようございます*^0^*
なんだか…熊が出てもきそう~
藪の中からひょっこり…なんてね^^
明日は何処が紹介されるのでしょうー
楽しみです^^
羅臼に出て右に行くのか左に行くのか。
…左でしょ?
2007.07.20 08:03 | URL | meg #aQVDc6X2 [edit]
megさん、おはよう♪
いよいよ今日から天気が下り坂・・・・私のテンションも一気に急降下。
でもツール・ド・フランスをじっくり見られるから(夜更かしして)
たまにはいいのかもね♪

この「熊越の滝」、正規のルートではないんだけど
こちらは川に囲まれてクマは大丈夫そうよ。
上には車が走っている場所だし。
え?川の水を飲みにやってくる?v-12

さて、羅臼に入ったならば左に行きそうでしょ?
ふふふ、今回は通り過ぎました。
羅臼は行きつくしているので、じっくり周るには時間が足りなくて・・・・
後ろ髪を引かれる思いで右折です(笑)
2007.07.20 10:35 | URL | ezomomonga #H94ZE/5g [edit]
こんにちわ、guitarbirdです
知床は3年前に、真夏に行ったことがあるのですが、
朝6時前に峠の道を走っても、車が1分に1台来るかどうか
という準占有状態だったのが楽しかったです(笑)。
それにしてもみんな、起きるのが遅いなぁ、とか思いながら・・・
2007.07.20 11:42 | URL | guitarbird #7JCuarZ6 [edit]
お、熊越の滝ですね。

私は知床大橋とその知床峠側にある覆道との間から、熊越の滝へと歩いたことがありますが、そのルートでしょうか?
たしか入口に「熊越の滝入口」の看板が立っていたような…。

広々とした「溜り」は確かにありましたね。でも、泡が出ているのは気づきませんでした。
「熊の湯」も近いですから、温泉かもしれませんね♪

しかしまぁ、クマ越の滝にクマの湯…。
さすが知床ですね(^^;
2007.07.20 11:57 | URL | yukimaro #- [edit]
guitarbird さん、こんにちは♪
そうそう、早朝が気持ちのいい知床です。
日の出も早いことですし、日が昇ったら即行動
日暮れと共に寝てしまうのが一番ですね♪
とくに峠はウトロの観光をしてから通る人が多いようで
朝は空いているんですよね~

2007.07.20 12:02 | URL | ezomomonga #H94ZE/5g [edit]
yukimaroさん、こんにちは♪
「熊越の滝入り口」と看板が建っているのが正規ルートです。
ここは橋の横を降りていく(羅臼側の)別ルートなのです。
小道がついているので(笹が覆われていますが、草むらを降りていけます)
すぐに溜まりの場所へと到達できるのです。
確かに熊の湯のすぐ上ですからね~温泉なのかも。
ちょっと横の方の溜まりは、黄色くなっていて汚いのかと思ったのですが
今考えると、温泉なら頷ける!

こちら側からは、滝には羅臼川を越えていかなくてはならないのですが
浅いので長靴があれば滝方面に行けそうですよ。
ちょっと冬も楽しみな場所・・・・
この溜まりは湧いているなら冬も凍らないのでしょうね。
2007.07.20 12:09 | URL | ezomomonga #H94ZE/5g [edit]
ezomomongaさんたちの旅を楽しく拝見しています。今回は水辺の風景が多いのできっとヌマチチブさんは興味津々、津々浦々ご覧になっていることでしょうね。

サクラマスのジャンプに心が打たれます。
哀しい、切ないで済まされない光景をまた見て、生をつなぐ凄まじい姿に立ち尽くしたことを思い出しました。

釣りをしていた頃の昔話になります。
秋、産卵後の鮭が骨まで見えるまでぼろぼろになっても尚、産卵床を守る姿を目の当たりにしたあの時のショックを思い出したのです。近寄りがたい聖域でした。

道北、道東の旅は終わり、いつもの森にまたもどるのですね。いつも変わらずezomomongaさん夫妻を迎えてくれるエゾリスたちは愛しいですね。
2007.07.20 23:20 | URL | ezomomongaさんへ #Ac5VUofQ [edit]
旨門さん、こんばんは♪
ヌマチチブさんの影響で、ついつい川を見ると近づき、更には遡ってしまっています。
まるで鮭のように・・・

川釣りをしていると、まさに魚の一生を目の当たりにするのでしょうね。
失敗しても失敗してもジャンプする姿は、立ち尽くしてしまうほどの迫力!
実は今回、いろいろな場所に行ったのですが
主人は、このサクラマスのジャンプがダントツのナンバー1だったようです。

そして、エゾリスにしばらく会っていないので、恋しくなってきました(笑)
2007.07.21 00:16 | URL | ezomomonga #H94ZE/5g [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tairasan.blog64.fc2.com/tb.php/343-2dfbdca6

プロフィール

ezomomonga

Author:ezomomonga


北海道の山が好き、川が好き、花が好き、鳥が好き・・・・・

休日は好きなものを追い求めて散策するのが二人共通の楽しみ。

そんな様子をブログに綴っています。


2015年5月「登別」へとやってきました!

結婚してからは記念すべき10回目の引越。

そして、この地域は初めてなので散策が楽しみでなりません♪



メールはこちら
tairamama2000@yahoo.co.jp

天気予報

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索